失敗しないリフォームのコツ

失敗しないリフォームのコツというよりも、リフォームは失敗できない!が正しいかもしれませんね。多額の費用が掛かるリフォームは、行うことで自分の暮らしが少しでも豊かになるチャンスです。

 

「我が家の動線はどうだろう?効率よくできているだろうか…」といったことも含め、現在若干不満なところを見直してみましょう。リフォームすることで生まれるメリットと、出費以外にデメリットはあるのか、といったことも考えましょう。

 

頭の中でイメージしてみたことは、ノートなどに書き出してみてください。実際にそのリフォームが可能なのかをまずは、リフォーム会社と打ち合わせしながらリフォーム 見積もりを取るところからしてみると良いでしょう。

 

 

リフォーム会社選びは慎重に。

リフォーム会社メーカーは、選ぶ際には慎重に行う必要があります。「あ、うちはこの家を建ててもらったハウスメーカーさんにお願いするから」という方も、ちょっとだけ待ってください。

 

実は、ハウスメーカーさんも実際にはそのハウスメーカーさんの利用している下請け会社に仕事を回し、自分は契約料を取っている、という場合もよくあります。

 

もちろんリフォーム業者もそういった部分は下請け会社に連絡をしてお願いするため同じように感じますが、大手のハウスメーカーさんよりも手配などは、会社の規模が小さい分顧客人数も少ないため、早くなるのです。

 

小さなお店に依頼するか、大手にお願いするか、そのリフォームの規模も視野に入れて考えていくと良いでしょう。また、リフォーム会社を選ぶ際に気を付けたいことは、会社の希望で選んでしまうこと。会社の規模が小さいと、「大丈夫かなあ」と思われることもあるかもしれません。規模が小さい分、良い働きをしてくれるリフォーム会社もありますし、規模が小さいためになあなあになってしまっているリフォーム会社も存在します。

 

社員が自分の家をリフォームするときのように、真剣に考えてくれる会社、寄り添ってくれる会社を選びたいものです。見積もりが安い部分にだけ着目して選ぶのは、大切な家をいじるのですから、避けたいですね。

 

 

リフォームの設計はどうする?

例えば、お風呂場の改装工事やトイレの改装工事ではなく、部屋をもう1部屋付け加えたい、というとき。設計はどうするか、ということになりますよね。大きくリフォームするのであれば、それなりに費用は嵩みますが建築家にお願いしてみるのも、お勧めです。

 

リフォーム会社にも、それなりに知識や資格を持っている方がいる場合もあり、念のためどのような提案をしてもらえるのか、提案をしてもらったらどのくらいの費用が掛かるのかも聞いてみると良いでしょう。また、大手ではないリフォーム会社の場合は、得意分野が分かれているといったことも。まずは実績と経験が豊富なリフォーム会社を探し、どの分野が得意なのかを聞いてみてから建築家も視野に入れる、という方法がお勧めです。

 

 


このページの先頭へ戻る